真正中出し・生ハメ専門メーカーのモブスターズ
モブスターズのホームページをご覧頂きありがとうございます。
当社はアダルトDVDの企画・制作・販売をしております。
お客様に満足して頂けるように細心の注意を払い、よりクオリティの高いアダルトDVDの作品をご提供出来るよう努力しております。
今後とも宜しくお願い致します。
平成18年7月某日 『中出し Pussy Cat vol.3 遠山若菜』

アダルト,DVD,中出し Pussy Cat vol.3 遠山若菜  こんにちは。今回もメイク千秋ちゃんの代わりにダイアリーを書くことになった ADのタタン石松(旧名シャーク石松)です。
 今日の撮影はモブ社長がイチオシのシリーズ「中出しPussy Cat」の第3弾です。 主演女優は、顔はアイドル風の美人なのにオッパイは巨乳という遠山若菜ちゃん。 昔のドラマ「スケバン刑事」の三姉妹に出てた中村○真ちゃんに結構似てます。 普段はOLをしているとのことで品があって礼儀正しく、その上とっても声がかわいい!! 声フェチのボクは、若菜ちゃんのアニメ声だけでビンビンです。
 まずは拷玉監督がインタビュー。プライベートのことやHなポージングなど、 AVの王道的にグイグイ迫っていくその拷玉スタイルのインタビューは大好きなんだけど、 気が付けばタイムスケジュールを大きくずれ込み大慌て。これは大幅にカットされるでしょうww。
 次に京都祇園周辺でのプチ露出シーンの撮影。これも若菜ちゃんと拷玉監督2人きりの撮影なので内容は全く知りませんが、 ロケ車に戻ってきた監督のとっても満足げな顔を見ると、いいものが撮れたみたいですよ。
中出し Pussy Cat vol.3 遠山若菜  ホテルに戻り、いよいよ中出しカラミの開始。男優の飛竜の登場。監督からはネットリいこうと指示が入り、いざ本番。 まぁ、ネットリとやってます。いつもより余計に、執拗にネットリやってますよ。あんな外人並みの巨乳を弄んで、 いじりたおし、舐めたおし、乳を揉みたおす飛竜。うらやましいかぎりです。 若菜ちゃんが本気で感じてるので熱気ムンムンの盛り上がる現場。早くチンコ欲しくて仕方のない様子の若菜ちゃんを前に、 拷玉監督は「何?入れて欲しいの?まだダメ」なんて若菜ちゃんをじらしてます。 待ちきれなくなった若菜ちゃんは自分で挿入しちゃった。たっぷりネットリの本気のカラミが続き、 そして飛竜が超濃厚ザーメンをたっぷり膣内発射です。2人ともすごく気持ちよさそうでしたよ〜!
 さて次は休憩がてら軽くオナニーシーンを撮るつもりが、なんと若菜ちゃんが本気になっちゃって濃厚オナニーです。 しかもただのオナニーでは足りずにアナルいじりまでやってますよ。もう「早く欲しい欲しい」状態の若菜ちゃん。 そしてそのまま次の中出しカラミに突入です。カラミの上手さでは定評のある男優デリンジャー・ヘルが登場。 オナニーで完全に火照った若菜ちゃんの身体を、隅々までいじりたおし、舐めたおし、乳を揉みたおすヘル。 アイドル顔に舌ベロベロチューしながら巨乳を弄ぶなんて、うらやましいの一言。あ〜ボクも若菜ちゃんに顔を踏んでほしい…。 そのままフェラ、69と濃厚で熱いシーンが続き、いよいよ生で挿入!実はここはモブの撮影で緊張する瞬間の一つです。
中出し Pussy Cat vol.3 遠山若菜 すべて真正が公約ですから、逆に擬似に見えかねない行為は絶対にしてはいけないんです。挿入、中出し発射、 チンコを抜く、ザーメン逆流、これらのポイントはしっかり真正であることをビジュアルで証明しなきゃいけないので、 スタッフは超緊張します。ヘルは次々と体位を変えて強烈に突きまくり、若菜ちゃんマジイキしてますね。 フィニッシュは恒例の半中半外の発射&再挿入という真正証明方式でザーメン大量放出。いい仕事してます! ちなみにモブでは初めての試みなんですが、真正中出しをより完璧に証明するため、このカラミは 「挿入から発射までをノーカット」で収録するとのことです。お楽しみに!
 こうして撮影は無事に終了し、食事までの間は若菜ちゃんには部屋で自由に休憩してもらうことになり、 スタッフは一旦撤収したのですが、廊下でなんと黒川監督と遭遇。黒川さんは本日はプロデューサーのはずなのに、 今まで一度も顔を出さず、終了した今頃になってやってきて、しかもカメラ持って怪しげな笑みを浮かべて歩いてました。 ボクが挨拶すると、黒川さんは「女優さんのインタビューを撮り足すから拷玉には黙っているように!ご理解いただけますね」 とか言ってボクに1万円握らせるので…、ボクも「見ざる聞かざる言わざる」です。 黒川プロデューサーのあのニタニタした怪しげな笑みが気になって仕方なかったのですが、そのあとのことはボクは知りません。 まあ過去の悪行からして想像はつきますがね…。以上、石松の現場レポでした。

▲戻る